ニュース

プレス・リリースPress release

クラウディアン、「CLOUDIAN HyperStore Ready」 ラインアップを発表

~ クラウディアンのパートナーが提供するCLOUDIAN HyperStore Ready製品で、
ハイブリッドクラウド、スケールアウト型オブジェクトストレージを手軽に構築運用可能に ~

クラウディアン株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役:太田 洋、以下、クラウディアン)は、クラウディアンのパートナーが提供するCLOUDIAN HyperStore® ソフトウェア(以下、CLOUDIAN HyperStore)を実装したハードウェアアプライアンス製品やソリューションパッケージであるCLOUDIAN HyperStore Ready製品のラインアップを本日発表しました。

CLOUDIAN HyperStoreは、汎用サーバをハードウェアとして使うSDS(Software Defined Storage:ソフトウェア定義ストレージ)であり、スケールアウト型のオブジェクトストレージを、中小規模から大規模までの幅広いお客様が簡単に経済的に構築・運用できます。

IT専門調査会社のIDC Japanの調査によると、日本国内のファイル/オブジェクトストレージ市場は2014年の出荷容量946PB(ペタバイト)から、スケールアップソリューションからスケールアウトソリューションへのシフトの進展、SDSの普及などの要因で2018年には3,751PBに急成長すると予測*しています。

IDC Japan ストレージシステムズ マーケットアナリストの宝出 幸久氏は「国内ファイル/オブジェクトストレージ市場は成長の過程にあり、非構造化データの増加を背景にアーキテクチャの変革や利用用途拡大の途上にある。国内ファイル/オブジェクトストレージ市場においては、スケールアウトソリューションへのシフト、スケールアウトソリューションの適用範囲の拡大、Software-Defined Storageの普及、オープンソースソフトウェアの影響力の拡大、クラウドサービスプロバイダーへのストレージ支出のシフトといった要素に留意すべきである」と分析しています。

このような状況のもと、クラウディアンのパートナーは、世界市場に先駆け日本から導入したCLOUDIAN HyperStore Readyプログラムに基づき、自社が取り扱う汎用サーバ、アプリケーション、ネットワーク機器、クラウドサービスなどとCLOUDIAN HyperStoreを独自に組み合わせた製品の提供を順次開始しています。

これらの製品やソリューションを利用することにより、お客様は、CLOUDIAN HyperStoreをインストールする汎用サーバ機種の選定、調達、設定、保守契約などの導入手続きを簡素化でき、また、ロードバランサーやスイッチのネットワーク・周辺機器とともに、ラック単位でもワンストップに調達できます。さらに、アプリケーションやクラウドサービスがパッケージされたソリューションであれば、ターンキーで手軽に企業自身が管理するプライベートクラウドやハイブリッドクラウドサービスを構築できます。

現時点におけるCLOUDIAN HyperStore Readyラインアップは次のとおりです。

分散仮想オブジェクトストアパッケージ(日立システムズ)
  スケールアウトが容易なサーバブレード型ハードウェアアプライアンス

Nimbus(ニンバス)ストレージ(トゥモローネット)
  コンパクトスタートできるハードウェアアプライアンス

Hybrid CloudScale型フルユニファイドストレージ「UniSTOR Cloud Scale」(コアマイクロシステムズ)
  広域共通ストレージ基盤パッケージソリューション
  詳細: http://www.cmsinc.co.jp/news/2014/news2014121901.html

コンバージド・クラウドストレージパッケージ (NECネッツエスアイ)
  設計・設定・検証済クラウドストレージパッケージ

CLOUDIAN HyperStore + JINSOKU + AEROZワンストップソリューション (ACCESS)
  エンタープライズ向けのワンストップソリューション

次世代型ハイブリッドクラウドファイルサーバー (ファイルフォース)
  パブリッククラウドサービスとオンプレミスストレージとのハイブリッド型ファイルサーバー

エンタープライズサーチ  (スマートインサイト)
  CLOUDIAN HyperStoreにデータを収納・管理するエンタープライズサーチ

注:( )はクラウディアンのパートナー企業の略称です。また、一部の製品名称は仮称です。

なお、CLOUDIAN HyperStore Readyプログラムへの参加および計画をしているパートナーは以下のとおりです。

  • 株式会社ACCESS
  • NECネッツエスアイ株式会社
  • 株式会社科学情報システムズ
  • コアマイクロシステムズ株式会社
  • ジグソー株式会社
  • スマートインサイト株式会社
  • 株式会社トゥモロー・ネット
  • 株式会社日立システムズ
  • ファイルフォース株式会社
  • FOBASコンサルティング株式会社
  • 他、今後追加予定

    引き続き、クラウディアンではCLOUDIAN HyperStore Readyプログラム参加パートナーを募集しています。これによりお客様の選択肢を増やし、より便利に簡単にCLOUDIAN HyperStoreソフトウェアおよびハードウェアアプライアンスをご利用いただけるようになります。



    クラウディアンについて

    日本と米国を開発拠点とするクラウディアンは、パブリッククラウド、プライベートクラウド、オンプレミス環境でハイブリッドに活用できるSDS(Software Defined Storage:ソフトウェア定義ストレージ)である「CLOUDIAN HyperStore」をソフトウェア製品およびハードウェアアプライアンス製品により提供しています。国内外大手プロバイダー、エンタープライズが採用するCLOUDIAN HyperStoreは、複数データセンター間を含み、データ複製・分散配置によるデータ保護をしながら、汎用サーバ2台(推奨構成3台)からペタバイト超級にまで経済的に、柔軟にスケールアウトします。統計・課金・管理機能も実装済みであり短期間に利用開始できます。

    ホームページ:http://cloudian.jp/
    Facebook:https://www.facebook.com/cloudian.cloudstorage.S3
    Twitter:https://twitter.com/Cloudian_KK
    ブログ:http://www.cloudian-blog.com/

    *出典:IDC Japanプレスリリース「国内ファイル/オブジェクトストレージ市場予測を発表」2015年1月14日

    ※ 本文書内の商標や登録商標はすべて各所有者の資産です。

    Cloudian HyperStore Ready Lineup 1


    Cloudian HyperStore Ready Lineup 1