ニュース

プレス・リリースPress release

クラウディアンとテクノミックス、 ドキュメント管理PaaSソリューションを共同検証

~ Teknowmics SmartDocsの次世代ドキュメント管理PaaSソリューションとCLOUDIAN HyperStoreの相互接続性を確認 ~

クラウディアン株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:太田 洋)とSmartDocsの製造開発元である株式会社テクノミックス(本社:東京都港区六本木、代表取締役:デヴァダス パラカル)は、日本で誕生し、世界中のクラウドサービスやエンタープライズITに採用されているソフトウェア定義(Software Defined)のオブジェクトストレージ製品CLOUDIAN HyperStore とSmartDocs次世代ドキュメント管理PaaSソリューションをベースにしたドキュメント自動バックアップ、セキュアなファイル共有・配布機能と、スケールアウト型ストレージの共同検証を実施し、相互接続性を確認しましたのでお知らせいたします。

今後、お客様は、SmartDocsで管理するドキュメントを、CLOUDIAN HyperStoreを採用するパブリッククラウドサービス、プライベートクラウド、オンプレミスといった様々な環境のストレージシステムに保管できることとなります。これにより、外部に預けられないドキュメントとそれ以外の保管場所を使い分けるなど、データ目的や種類に最適な方法を選択しデータを保管することが可能になります。

■ CLOUDIAN HyperStoreの概要

CLOUDIAN HyperStoreは、汎用サーバー2台(推奨3台)からスモールスタートし、数ペタバイト超級にまでスケールアウトできる高い拡張性を有するS3 API完全準拠のストレージシステムです。複数サーバー間、さらには複数データセンター間でも、自動複製・分散配置により堅牢にデータ保護します。Amazon S3等クラウドストレージへの自動階層化機能によりハイブリッドクラウドも実現できます。

■ SmartDocsの概要

SmartDocsは、ドキュメント管理ソリューションに求められるアクセス権限設定、操作・証跡ログ管理、高度検索、版管理を備えながら、500を超える連携APIを提供する次世代PaaSソリューションです。パッケージ製品でありながら、柔軟なカスタマイズ機能を兼ね備え、エンドユーザー業務に合わせたGUIを実現し、業務効率の改善、BCPやコンプライアンスへの対策を実現します。サービス提供はオンプレミス、プライベートクラウド、SaaSに対応し、エンドユーザーのみならず、SIerやISPからのサービス提供にも実績があります。

■ 共同検証について

共同検証では、SmartDocsのドキュメント保管先としてCLOUDIAN HyperStoreを設定し、システムの動作確認および有効性の検証を行いました。検証の結果、SmartDocsのアクセス権限、証跡ログといった基本動作はもちろん、自動生成されるファイルのプレビュー画像や版管理時の過去ファイルの保管先として、CLOUDIAN HyperStoreが使用出来ることを確認できました。



Technowmics_CLOUDIAN


株式会社テクノミックスについて

次世代ドキュメント・コンテンツ管理ソリューションSmartDocsを開発・販売するテクノミックスは、SaaS型式とオンプレミス型式の両用に対応可能で、高いセキュリティと容易なカスタマイズや豊富なAPIによる他システム連携に対応可能で、企業内重要文書の自動バックアップによるBCP対策、バーチャルデータルーム(共有の仮想データスペース)を利用した、社内外のセキュアな情報共有やドキュメント配布等を含むドキュメントライフサイクル管理のフレームワークをご提供しております。

詳細情報は同社ホームページをご参照ください。http://jp.teknowmics.com

クラウディアンについて

クラウディアンは、日本で設立後、米国シリコンバレーに本社を移しグローバルに事業展開をしています。産業革新機構、インテルキャピタル、フィデリティグロースパートナーズ、ゴールドマン・サックスが主要株主です。

ホームページ:http://cloudian.jp/
Facebook:https://www.facebook.com/cloudian.cloudstorage.S3
Twitter:https://twitter.com/Cloudian_KK
ブログ:http://www.cloudian-blog.com/

※本プレスリリース内の商標や登録商標はすべて各所有者の資産です。